DTMer's Antenna(号外)

DTMer's Antenna というアンテナサイトを運営している管理人の号外ブログです。
DTM に関することや日々の制作話など、本編とは違う中身的な話をします。

2015年03月

Mix作ってみましたよ(´・ω・)

おはようございます こんにちは こんばんは。Akitomo.yです。


DTMとはちょっと違いますが、お気に入りのプログレハウスを集めてMixを作ってみました
Mixcloudにあげてみたので、よろしければお聴きください

こちら → [AY presents Progressive House Mix]


楽曲制作時のメインDAWはFLStudioですが、Mix作るときはAbletonLiveのが断然楽ですね。
さすがDJプレイを視野に入れて作られているだけあります


Mixは楽曲制作の勉強にもなりますね。
前後の曲とのつながりを意識して作ることになるので、音の抜き挿しの仕方とかクオリティの落差だったりとか。


これからも定期的に作ってみようと思います
 

Ozone6 レビュー

おはようございます こんにちは こんばんは。Akitomo.yです。


やっとiZotopeのOzone6を購入しました
Wavesもセール中だったのでGoldとどっちにしようか迷ったんですが、総合的な「マスタリング用」エフェクトということでOzone6にしましたよ(。・ω・)


早く使ってみたかったんですが、曲ができないことには試しようがないのでw
レビューまでに時間がかかってしまいました


結論からいくと、やっぱり買ってよかったな、と
2015/4/9 まではセール中ですので、気になる方はこの期間中がお得ですよ


ozone6

(iZotope公式)
https://www.izotope.com/en/products/mixing-mastering/ozone/

(国内正規代理店(TACSYSTEM)ページ)
http://www.tacsystem.com/products/izotope/ozone6advanced.php ※セールは 2015/4/9 まで


画像はEQ画面になっています。
美しいGUIですね Ozone5はちょっとSFチックな感じでしたが、こちらのGUIの方が断然好みです。

プラグインとしてDAW側で呼び出してもいいんですが、僕はスタンドアロンで使用しています。
スタンドアロンでwav読み込んで使えるのは個人的にすごく便利

読み込んだwavは画面上部に波形で表示されています。
イントロ前やアウトロ後の余白など、不要な部分のカットも可能です。
ちなみにフェードイン・フェードアウトにも対応してるので、DAW側でボリュームのオートメーション書く必要も無くなったのは◎


画面下部にインサートしているエフェクトが表示されてます。
いちおう全部呼び出してみました

EQ・Dynamics(コンプ)・Exciter・postEQ・ステレオイメージャー・マキシマイザーの6種類です。
ちなみに上位版のAdvancedにはダイナミクスEQと、INSITEというiZotope製にメータリングが追加されます。
更に、対応しているサードパーティー製のエフェクトプラグインも読み込み可能です
(ほとんどはWavesなどの製品版ですが、一部のフリープラグインも読み込むようです)

もちろんエフェクトの順番も入れ替え可能です


立ち上げると最初にどのプリセットを使用するか聞かれますので、選択するとそれぞれのエフェクトが最適化された設定のプリセットが開きます。
最初のうちはここからイメージに近いものを呼び出していじるのが良いかもですね

デフォルトを選択した場合は、すべてのエフェクトが初期状態で呼び出されますので好きなように調整しちゃってください。自分で作ったプリセットの保存ももちろん可能です。

更に、各エフェクトごとにもプリセットが用意されているので、デフォルトで立ち上げて各エフェクトのプリセットから調整してやるということも可能です。


EQにしてもコンプにしても、非常に高性能でさすがiZotopeという感じです。
結構がっつりいじっても音像が崩れません。

あまりに優秀なのでついついDAWの各トラックに挿したくなりますが、それなりにCPUを食うので結構重くなります
CPUパワーに自信のある方はどうぞw


なお、iZotopeにはミキシング用の「Alloy2」というプラグインもあるので、いずれはそっちも買おうかなと思っています。 あぁ...欲しいものがたくさん...


完成した音源はWAVで書き出し&プロジェクト保存で終了です


他にもまだまだ機能がありますが、さすがにいっぺんに使いきれてないのでそちらはまたの機会にw

【DTMerに朗報】ローコストで楽曲販売の新レーベル! - FUNQTION

おはようございます こんにちは こんばんは。Akitomo.yです。


今の時代ほんとに便利になったもので、個人であっても、iTunesなどの大手販売サイトから自分が制作したオリジナル楽曲をダウンロード販売できるようになりました 

自分が制作した楽曲を、世界レベルで配信・販売できるというのは非常に魅力的ですし、それが評価に繋がればなお嬉しいですよね 


ただ、今まではまだまだ敷居が高かったのも事実。

手軽になったとは言え、アグリゲーターなどの仲介業者に支払う初期コストを考えると、「何曲売れたら元取れるんだー...」なんて思って腰が引けてしまった方も多いのではないでしょうか?

実は僕もそんなひとりです

例えば、日本では大手のTUNE CORE JAPANだと、1曲あたりの年間の費用が1,410円、アルバムだと4,750円の委託コストが発生します(2015年3月10日現在)
つまり、1曲預けたら「売れようと売れまいと」この費用は発生するわけですね 

売上げは100%還元らしいので、1曲100円で販売したとして15曲売れれば元は取れるわけですが、実際に自分の曲が売れるのかどうかと言うのは不安ですし、不安がある以上、なかなか最初の一歩が踏み出せなかったと思います。


そう、「今まで」は。



そんな不安を解消して、すべてのアーティストが気軽に楽曲販売できることを目的とした「レーベル」が、2015年3月9日に誕生しました 


【FUNQTION】

funqtion


「FUNQTION」は自らを「Free Distribute Music Label」と謳っています。

通常、 楽曲配信の代行は「アグリゲーター」などと呼ばれますが、あえての「レーベル」。
ここに「FUNQTION」の本気を感じます。
なので僕も「レーベル」と呼ばせていただきます


「FUNQTION」は有志が集まって設立されました。


最大のメリットは「初期費用がノーコスト」
つまりは、預けた楽曲が最悪売れなかったとしても、コスト面でのリスクは全く発生しないということです。

これには驚かされました
良心的にも程がありますw


ただ、もちろんデメリットもあります。

それが「楽曲販売の売上げの50%が手数料」
有志の方々で運営されているとは言え、そこには当然コストが発生しますよね。
具体的には各配信サイトへの手続き面だったりとか、サイトの維持費とか。

初期費用がまったくかからない代わりに、売上げ手数料が他サービスよりも高めになっています。

まぁ、これをデメリットと取るかどうかはそれぞれだと思いますが 
僕個人としてはデメリットとは捉えていません。
むしろ、運営にもコストが発生する以上は当たり前のことと思っています。

売れれば還元する。当然ですね 
何から何まで100%ノーコストってわけにはいきませんw

でも初期コストが発生しないだけでも、ずいぶんと敷居は低くなった気がします。


「個人アーティストの楽曲をもっとたくさんの、世界中の人に広めたい」 
有志のみなさんのそんな「想い」が強く伝わってきます 


他のメリット・デメリットについては公式サイトに詳しく記載されていますのでご確認ください。

【FUNQTION 公式サイト】
http://funqtion.net/


僕も早速、資料を請求してみました

「自分の曲を世界で!」と思っている方は、ぜひチェックされてみてください 

よく使うプラグイン・エフェクト編

おはようございます こんにちは こんばんは。Akitomo.yです。


今回は前回に引き続き、自分が制作時によく使うVSTについてです

とは言っても、FLStudioは内蔵プラグインが本当に優秀なので、エフェクトに関しては外部VSTはほとんど使ってませんかね  マスタリングの最終工程でM/S処理するためにちょっと使うくらいで...

なので、ほとんどはFL付属のエフェクトのお話になります。


Fruity Parametric EQ2
eq2
パラメトリックEQです。ちなみに頭に「Fruity」とつくのはすべてFL付属です。
使用率100%ですね。EQはこれしか使ってません。7bandですが、Q幅の調整で結構細かく設定できます。
何が便利って、スペアナがついてるので周波数帯の状態を視覚的に確認できるところです
画像の赤い部分がアナライザ表示ですね。FL乗り換えるまでは、スペアナとEQを別々に立ち上げてたので、ひとつのプラグインで用が足りるのは本当に助かります。各トラックからマスターまですべてに挿してます 

Fruity Limiter
limiter
CompモードとLimiterモードに切り替えが可能なLimiter(ややこしい)です。
こちらも使用率100%です side chain(ダッキング)にも対応してるので、いろんな場面で使いますね。
FLにはこれとは別に「Fruity compressor」というコンプもありますが、こっちばっかり使ってる気がします

Fruity Reeverb2
reverb
リバーブですね。『Reverb』ではなく『Reeverb』となってますが誤表記ではありませんw
こちらも「2」ではないリバーブもありますが、こっちばっかり使ってます。
画像左の3Dフレームはroomの大きさなどを表してます。ここをマウスで調整してやるとroomの大きさやプレートの調整ができます(もちろんノブでも調整可能ですが)
sendトラックに挿して、各トラックからのsend量を調整して空間の奥行きを出してます

NativeInstruments Replica
replica
NI製のディレイです。通常5000円くらいのプラグインですが、昨年末にNIお得意の太っ腹プレゼントで無償配布してたので手に入れました
今はサイトみても載ってないので、もしかしたら発売中止になったのかもです
プリセットも豊富でそれだけでも楽しいですが、Phaseモジュレーションかけれたりとなかなか遊べる子です。直感的で操作性も さすがNIです。

Fruity Free Filter
filter
再びFL純正プラグイン。フィルターです 
このほかに「Fruity Love Filter」というフィルターもありますが、手軽に使えるのでこっちのが使用頻度は高いですね シンセトラックやマスターに挿してHPモードにして「シュワァァァァン...」という効果に使うと楽しげになります 

Cableguys PanCake2
pancake-
おいしそうな名前ですねw オートパンプラグインです
Panの周期や深度を自由に設定できるのでおもしろい効果が狙えます 
単純にsweepを右から左に駆け抜けさせるも良し、シンセバスやGateFXにかけてぐるぐる走らせても良し。いろいろと楽しく使える子でお気に入りです 

Gross Beat
GrossBeat
FLの追加プラグインです。この子ほんとにすごいんです
このプラグインをトラックに挿すだけで、コンプ無しでSideChain(ダッキング)が作れます。その他にもTranceGateなんかも簡単に作れちゃいます
この子のおかげでいちいちダミーキックを作ってエフェクトかけたいトラックに送って...なんてめんどくさいことしなくてもよくなりました ダッキングの強さも自由自在なのでほんとに重宝してます
ありがとうImageLine

dblue Glitch
glitch
テープストップやスタッターのようなグリッチFXが手軽にかけられるプラグインです 
Glitch2からは有料になりましたが、こちらは無償配布。今も公式サイトからDL可能です。
さすがに使用頻度は高く無いですが(Tranceでグリッチエフェクトはあまり使わないので...)ここぞという場面で使うと非常に効果的です
ちなみにDL時にはテープストップなどの単体のエフェクトも同時に落とせます 

Voxengo MSED 
voxengo_msed
マスタリング時の必須アイテム、使用率100%です。この子がいないとマスタリングできません 
マスタートラックに挿してやると、楽曲をMid成分とSide成分に分けてくれます。その後、後述のDensity mkⅢでSide成分の音圧を上げてやるのに使います 
マスターには「MSED(エンコードモード) - Density mkⅢ - MSED(デコードモード)」の順番で挿します。手軽にM/S処理ができるので、絶対に手放せない子です 

Variety of Sound Density mkⅢ
density
同じくマスタリング時の必須アイテムです
コンプなんですが、M/S処理やL/R処理に対応しているので、もっぱらSide成分の音圧処理に使ってます
普通のコンプとしても優秀な子なので、もちろん各トラックに挿してやってもOKですね

Maximus
maximus
FL純正のマキシマイザーです もちろん使用頻度100%
かなり細かい調整も可能ですがプリセットもいろんなタイプが入ってますので、手軽に音圧アップができます
管理人はプリセットから選んで、それから微調整する程度です。

LSR audio plugin LVL meter
lvl
最後はエフェクトではないですがよく使うプラグインということで...
こちらはVUメーターです DAWのミキサーのメーターだとなかなか掴みづらいので、VUメーターがひとつあると便利ですね 管理人はアナログが好きなので、あえてこちらのビンテージなタイプですw

IK Multimedia T-Racks CS metering
Metering
最後は「天」マークで有名なIKのメーターモジュールです。
PeakメーターとRMSメーター、ステレオイメージャー、スペアナがセットになったラック的なモジュールです
マスタートラックの最終段にデフォルトで挿さってます
特にRMSメーターは聴感に近い数値なので、音圧アップ時の指標として重要です


音源よりも圧倒的に多くなってしまいました... 
それくらい、どれもこれも重要なプラグインです。

もちろん他にも使ってますが、最低限この子たちがいないと困りますかね 
FL純正以外のプラグインはフリーのものばかりですので、興味のある方はDLしてみてはいかがでしょうか 

相互リンク募集中(´・ω・)

DTMer's Antenna(号外)では相互リンクを募集中です



せっかく書いたブログをもっと多くの方にみていただくために相互リンクは必須ですよね
DTMに関連する内容でなくてももちろん大丈夫ですお気軽に申請ください 


ただし、以下のようなブログはご遠慮くださいね 

更新頻度が異常に低い(あくまでも目安ですが最低1ヶ月に1回くらいは...)
ギャンブル・アダルトネタ(閲覧者が18歳未満な場合もあるので...)
営業・宗教などの勧誘(あるのかどうかわかりませんが...)
他人の誹謗中傷ネタ(アイドルやアニメのアンチネタも含みます...)
その他、管理人が相互リンクに適さないと判断した場合(The.曖昧)


つまり、普通の内容のブログであれば問題ありません 


ぜひぜひ、お願いします
管理人プロフ
アンケート実施中
売れ筋のDTM機材【広告】
スポンサーリンク
【ポチっとお願いします】
月別アーカイブ
スポンサーリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
新着おすすめDTMブログ
楽天市場
  • ライブドアブログ